小児歯科

お子様には、大人向けとは違った歯科医療を
提供する必要があります

小児歯科

「子どもの歯は、生え変わるから大丈夫」なんて思っていませんか? それは間違いです!

画像

小児歯科はお子様専門の診療科目です。
お子様のお口は、大人に比べてとてもデリケート。
小さいころのケアが成人したときのお口の健康を左右することもあるため、
「どうせ乳歯は抜けるんだし」と考えず、十分なケアを行ってあげることが大切です。
今ケアすることの大切さをご理解頂き、お子様のお口のことを気にかけてあげて下さい。

フッ素を含んだ薬剤を歯の表面に塗り、虫歯を予防します。
フッ素は虫歯菌の働きを抑えるだけでなく、歯を強くする、
できてしまった初期段階の虫歯を改善させるなどの効果も持っています

※当院ではお子様への継続的なフッ素塗布を無料で行っております。
継続的に来院して頂くことで虫歯の早期発見にも繋がります。

歯並び(歯列矯正)の考え方

画像

現代人は顎の大きさが小さくなってきているのに対し、歯の大きさは昔とさほど変化はありません。
この矛盾が、歯と歯が重なる事が起こったり、噛み合わせが悪くなる大きな原因となります。
歯並びも個性の1つであると言った捉え方もありますが、
歯と歯が重なっていたり噛み合わせが悪いと、虫歯になり易い・歯周病になり易い等と、
将来的なお口の健康に関して決して良い事ではないのです。

小児矯正は、成長期に上手くコントロールする治療で約半分くらいのお子様で
ほとんど問題のない程度まで改善することができます。
いわゆる成長しきった大人の矯正とは違い、費用や期間も短縮されることが特徴です。

小児矯正には、治療を開始するタイミングが大事です。
早いお子様ですと、幼稚園の頃から手がけた方が良い場合があったり、
6歳前後で生えてくる歯(第1大臼歯)が生えてきてからが良い場合があったりと様々です。

しかし小児矯正の場合、小児矯正の期間を約2年間であることを考慮すると、
すべての場合において9歳頃までに小児矯正を始める必要があります。
これは、お口の中は12歳前後で成人とほぼ同じくらいに成長してしまうためです。
小児矯正を開始するタイミングを図るためにも、お子様の定期的な歯科医院での受診をお勧めします。

画像

また小児矯正だけでは十分な治療が期待できず成人矯正をする場合、
小児矯正+成人矯正をした場合と成人矯正のみをした場合と比較すると、
歯の並び方に微妙な違いが出てきたりするため、
歯の後戻りが少ない傾向にあることも、小児矯正をするメリットといえるでしょう。

お子様の将来的な事を考えて、機会があれば歯科矯正を積極的に考えてあげて下さい。

乳歯の予防も忘れずに

画像

乳歯が生えてきたらフッ素塗布を始め、生え替わった永久歯にも継続的にフッ素塗布を行います。
乳歯のダメージは永久歯に影響を与えるので、
「子供の乳歯は抜けるから」といって乳歯のケアをおろそかにしてはいけません。

虫歯になりにくい環境を作るためには歯科医院でのフッ素塗布に限らず、 ご自宅での歯磨きにもフッ素入り歯磨き粉を使うことをおすすめします。

フッ素塗布 歯を強くする効果を持つフッ素を塗ることで、虫歯になりにくい歯にします。
虫歯になりやすい、乳歯や生えたばかりの永久歯に特に効果的です。
シーラント 生えたばかりの奥歯は深くて複雑な溝があります。
食べかすが残りやすく歯ブラシが届きにくいため、
虫歯になりやすい歯でもあります。
この溝を歯科用プラスチックでふさいで、虫歯を予防するのがシーラントです。
定期検診 2~6ヶ月に1回の頻度で当院にお越し頂き、
お口の状態を確認するのが定期検診です。

お子様のお口は日々変化しているもの。
乳歯が抜けたり、永久歯が生えてきたり….
そんなお子様のお口の健康状態をチェックし、
もし虫歯になっていた場合は早い段階で適切な治療を行います。
画像
画像

 

お電話でのご予約・お問い合わせ
診療時間
10:00~13:00

/

/

/

15:00~21:00

/

/

休診日
△ 土曜日は一般診療は18時まで、18-21時までは完全予約制の特別診療のみ
□ 日曜日は17時まで
休診・・・水曜日・祝日

© 西宮の歯医者なら、やまさき歯科医院へ. All Right Reserved.